日本大学 生産工学部 自動車工学リサーチ・センターアーカイブズ
NU-CAR Archives

 

この秋、NU-CARでは5回に渡り特別講演を開講いたします。日本においては、都市交通システムは様々な技術を応用して開発、実用化されてきました。この5回の特別講演では、鉄道を中心とする都市交通システムについて、用いられている新しい技術、技術基準、安全対策、事故調査、環境問題、国際規格、街づくりなどについて、この分野の専門家を講師にお迎えし、わかりやすく解説していただきます。

【スケジュール】

第1回 -軌道系交通システムに関する法制度と技術基準および安全運行の確保-

10月21日(金) 講師 廣瀬 道雄氏(交通安全環境研究所)

 鉄道、路面電車、モノレール、新交通システム等に関する法令上の仕組みと、計画、敷設、運営、安全管理、保守等に関する制度について解説します。また、鉄道等では、ひとたび重大事故が発生すると甚大な被害と社会的影響を及ぼすことになります。過去に発生した事故とその後にとられた安全対策や、鉄道の事故を防止し安全を確保するための事故調査体制、各社に導入されている安全マネジメント制度について解説します。

第2回 -日本における都市交通システム技術、鉄道と環境-

10月26日(水) 講師 水間 毅氏(交通安全環境研究所)

 1980年代の新交通システムの開発に始まり、日本においては、都市交通システムは、様々な技術を応用して、開発、実用化されてきました。本講演では、これらの新しい交通システムを技術的な側面から解説し、実用化にあたり交通安全環境研究所で実施してきた安全性評価の例をご紹介します。また、リニアモー夕、磁気浮上技術、IT技術と言った新しい技術がどのように交通システムに適用されてきたのかといった、技術と交通システムの関係と今後の動向について解説します。

電気鉄道は、自動車等に比して環境に優しいと言われていますが、今般の原子力発電事故の影響により、今後の電力政策が変更されれば、その優位性が保ち続けられなくなる可能性もあります。鉄道における環境を、騒音・振動、CO2、電磁界に絞って、他の交通システムと比較して、優位性を定量的に明らかにするとともに、今後に向けて、環境優位性をどのように保つかについての各種方策について説明します。

第3回 -鉄道に関する国際安全規格-

11月11日(金) 講師 田代 維史氏(交通安全環境研究所)

鉄道の安全性・信頼性に関して日本は、その製品が国際的に優れる一方、これらに関する説明責任を問う国際標準への対応で欧米の攻勢を受けています。本講演では,国際安全規格の動向および体系,国際安全規格の要求と特徴,安全性の評価方法,わが国への適用上の課題,国際安全規格に基づく認証など日本の状況を学び、今後の対応策を考えます。

第4回 -レール・車輪による走行メカニズムと脱線に対する安全性-

11月18日(金) 講師 佐藤 安弘氏(交通安全環境研究所)

鉄道線路や建造物といった施設の定義、分類、施設に関する設計等の考え方の一端を紹介し、首都圏の主な路線網の発達過程と施設面での技術発展について説明します。さらに、鉄道の特徴である鉄レール、鉄車輪による走行メカニズムについて解説し、研究課題の一端を紹介します。

第5回 -交通システムと街づくり、交通バリアフリー、「システム」としての交通-

11月25日(金) 講師 大野 寛之氏(交通安全環境研究所)

都市の発展と交通機関の整備は本来切り離せないものですが,多くの都市では「街づくり」と言うと道路整備が中心であり、結果としてスプロール化が進み公共交通の地位が低下しています。この講演では,環境問題や高齢化への対応のため、これからの時代に求められる「交通街づくり」のあり方について考えます。

公共交通の使命は「いつでも・誰でも・気兼ねなく」利用できる移動手段を提供することにあります。交通バリアフリー法からバリアフリー新法への流れを解説し、バリアフリー整備の状況と今も残る課題について考えます。個別の交通システムだけではなく、移動の全体を包含する「システムとしての交通」について、国内や海外の事例を紹介します。

 

時間:16:30~18:00  

場所:日本大学生産工学部津田沼校舎37号館404(予定)

対象:一般の方、学生、教職員

参加費:無料

※会場の都合上、参加される場合は事前にメールにて、ご氏名・所属をご連絡ください。

 なお、当日のご参加もお待ちしております。

 ご質問・お問い合わせは担当高橋まで。

E-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

Arabic Chinese (Simplified) Dutch English French German Greek Italian Korean Portuguese Russian Spanish Thai
Flag Counter

Site Search

2015年度第4回NU-CAR基礎講習会

平成27年度NU-CARでは以下の基礎講習会を予定しています(実施しました).賛助会員各社の皆様は一口あたり各回3人まで無料で受講することができます.開始時期等詳細はこちらでお知らせします.また,メール等による案内送付をご希望の方は,こちらからフォームにご記入いただくことにより,NU-CARからのイベント情報等をメールでお送り致します.

  • 第1回 自動車の運動計測と解析」
  • 第2回 人間工学における統計解析法
  • 第3回 V2X通信による安全アーキテクチャ
  • 第4回 高周波NV解析技術講座
  • Impress CarWatch

    NUNews